アマゾンプライム退会解約から二回目再登録、何度でも再契約する方法・無料体験期間、返金条件について

2019/04/12

うさ乙女

年会費3900円→4900円に値上げしたアマゾンプライムビデオ解約から再登録、再契約、無料体験、二回目もあるかどうか徹底調査してみたよ☆
    この記事の3つのポイント
  • アマゾンプライムは解約後、再契約可能!
  • 解約時には、日割りで年会費が返ってくる。場合によっては、月間会員に変えてから解約する方がお得な場合も。
  • 再契約も可能で、非常に簡単

アマゾンプライムを続けている方の中には、あまりアマゾンで買い物しない、アマゾンプライムビデオにも飽きた等の理由で、解約を考える方も少なからずいらっしゃるかとおもいます。

もちろん、解約=会員登録のキャンセルは可能です。

しかし、その際に会費は返還されるのか、再登録できるのか等疑問に思うことは多いですよね。

そこで、アマゾンプライム会員の解約から再登録についてまで紹介いたします。

アマゾンプライム解約方法

  • 手順1
    メニュー画面の「アカウントサービス」を選択
  • 手順2
    「アマゾンプライム会員情報の設定・変更」にアクセス
  • 手順3
    会員情報画面を下にスクロール。
  • 手順4
    会員資格を終了するをクリックして、画面の指示に従います。

Amazonプライム会員登録のキャンセル

また、会員登録を自動移行しないという方法もあります。
Amazonプライム会員登録のキャンセル
上記と同じく、会員情報画面にアクセス後、「自動移行をしない」をクリックし、会員情報を終了するという方法になります。

解約時の会費返却・返金条件について

会員期間中に一度もプライム特典のサービスを利用しなかった場合はなんと全額返金されるというすばらしいシステムとなっています。

ある程度プライム特典を利用していた場合、基本的には日割り計算で会費は返還されるとのことです!

なお、この際場合によっては月額会員 (500円/月)に変更してから解約したほうが数円お得というケースもあります。

返金処理後、実際に返金されるまでには少し時間がかかります。

アマゾンに登録しているクレジットカードに返金してもらえるシステムとなっており、退会手順を勧めていくにつれて、年会費の日割り計算された返金額を明記してあるページにたどり着きます。

なお、アマゾンギフト券を用いて支払った場合は、アマゾンギフト券で残額を返金されます。

アマゾンプライムに再登録したくなった場合

すでに解約した方でも、4900円でここまでの特典が受けられるプライム会員だと、もう一度やっぱり会員になりたいと思う方も一定数いるかと思います。

ご安心ください、アマゾンプライム会員は何度でも再登録することが可能なんです。

アマゾンプライムの専用ページに進むと、「アマゾンプライムをはじめる」という画面にあたります。

そこで、月額プラン (500円/月)と、年額プラン (4900円/年)を選ぶために、「ほかのプランを見る」の方へ進んでください。

なお、月額プランと年額プランの変更は後からでも可能なので、ご安心ください。

アマゾンプライムに再登録したくなった場合

こちらの画面に記載されているのは通常の30日間無料体験ですが、学生の方はぜひ学生限定プランをご利用ください

アマゾンstudentは、無料期間がなんと6ヶ月もあり、無料期間だけで十分楽しむことができるんです。
無料期間後は自動的に有料会員に移行するので、注意が必要です。

退会後、30日間無料お試しは使える?

残念ながら、解約後あまり時間をあけずに再度プライム会員に登録すると、はじめから有料会員になり、すぐに会費が請求されることとなります。
実際どのくらいの期間をおかなければならないのかは、アマゾンプライムのページには明記されておらず不明ですが、
アマゾンのサポートセンターに電話して聞いてみたので、その例を記載しておきます。

  • 一定期間というのはシステムが管理しており、確実に何日間、というものは定義されていない
  • 具体的な期間は、利用者によって異なる可能性が大きい。サービス提供内容や、個人の利用状況等に依存するらしい。
  • サービス提供内容とは、アマゾンが会員をちょうど募りたいと思ってキャンペーンをやっているタイミングなのかどうか等。
  • 無料期間の対象者は、“30日間無料トライアル”等の文言がプライムの画面に表示されるので、各自確認が必要。

AIシステムで管理している、個人によって変えている=ターゲティングしているとは、いかにもアマゾンという感じですね。

無料お試し後の支払い方法は?クレジットカードは必要?

アマゾンの会費支払い方法は3つあります。

  1. クレジットカード
  2. 携帯電話決済
  3. アマゾンギフト券

なんと、オンラインサービスに3つも方法があるとは、驚きですね。
クレジットカードは特に説明のいらない方法だと思うので、ここでは携帯電話決済とアマゾンギフト券を紹介使用と思います。

おすすめクレカ

携帯電話決済

支払い可能なキャリアは現在ドコモとauとなっています。
支払い可能なキャリアは現在ドコモとauとなっています。

それぞれのキャリアを選ぶと、キャリアのアカウントページに移動するので、IDとパスワードを入力して、ログインする必要があります。
携帯電話決済の場合、携帯電話キャリアの設定する認証が必要となってきます。

ドコモの場合は2段階認証で、携帯電話宛に送られてくるセキュリティコードをフォームに入力してログインする必要があります。

アマゾンギフト券

アマゾンギフト券を利用する場合、お買い物と同じく、「ギフト券番号、もしくはコード入力」が必要となります。

アマゾンギフト券を利用する場合、お買い物と同じく、「ギフト券番号、もしくはコード入力」が必要となります。

注意点としては、アマゾンギフト券で支払う場合、自動更新がされません

年会費の更新月になると、プライム会員は自動的に解約されてしまうんです。

もちろん、アマゾンから契約終了のお知らせはプライム会員ページに明記されるので、気づくことは可能かと思いますが、うっかり忘れないようにしたいですね。

ツイッターでAmazonプライム会員を解約・再登録した人の口コミ評判は?


お買い物スピードに関しては、解約してもほぼ変わらないようですね。
プライムビデオやミュージック等を使用していない方は解約するのもありかもしれません。


この文言には衝撃。。。
まさかプライムは会員をやめるとこんなに失礼な言い方をされるとは。
おっしゃるとおり、実店舗では確実にいわれない言い回しですね。


プライムビデオでしか楽しめない作品をみるために再契約という方は、意外と多いみたいです。
バチェラーとか、ドキュメンタル等、魅力的な作品が多いのは事実ですね!

最後にAmazonプライム解約検討されてる方に伝えたいこと

アマゾンプライムはもし解約しても返金制度・再契約できるということで、プライムビデオに魅力的な作品がなくなってほかの動画配信サービスに変える時にも安心ですね。

解約も再契約も画面の案内に沿って行うのみの簡単なものなので、気に入らなくなったら気軽に出来るということがわかりました。

ぜひ、参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください