【2021年】コロナで変わった!コスプレ事情【コスプレイヤー編】

2021/01/07(更新日)


💡この記事でわかること💡

  • コロナウイルス感染拡大の影響でコスプレイヤーの活動方法や考え方も多様化
  • 自分のやりたいことや家族との時間で第一線から身を引いている人も
  • 新しい生活に沿った自分にピッタリの無理ないコスプレ活動がベスト



【2021年】コロナで変わった!コスプレ事情【コスプレイヤー編】

あさひなペコ

コロナウィルス感染拡大の影響は、コスプレ業界だけでなく、コスプレイヤーの活動方法にも大きな変化を与えました。

イベントやコスプレスタジオでは、人数や参加制限を行っていたり、コスプレイヤー自身が自分の活動を見直したりと、コスプレイヤーひとりひとりが今回のコロナ禍によってコスプレ活動を見直した時期ではないでしょうか。

コロナ禍にめげず、コロナウイルスの感染に気をつけながらコスプレを続けている人も多くいることでしょう。

それでは、コロナウィルスの影響は、コスプレイヤーにどのような変化をもたらしたのでしょうか。

\人気ウィッグ/
コスプレウィッグ
この記事のコメントはありません

コメントを残す

必須コメントを書き込む
avatar

みんなの感想・口コミ・評判0

この記事のコメントはありません。
\人気ウィッグ/
コスプレウィッグ
コメントを投稿する

編集部レポート

あさひなペコ

今回は、コロナウィルスの影響で大きく変わったコスプレイヤーのコスプレ事情と称して、大きく変わった点を5つピックアップして紹介します。

1)コスプレ活動の場がオンライン上に変化

1つ目は、コスプレ活動の場をイベントや撮影会でなく、オンライン上に移動させているコスプレイヤーが増えたことです。

コロナウイルス感染拡大の影響により、各種コスプレイベントの中止ややスタジオ閉鎖・休止を受け、コスプレイヤーたちは一時期、活動の場所を宅コスとSNSを中心としたオンラインに移しています。

オンライン会議「Zoom」やLINE通話を中心に、自宅でコスプレした姿を見せあいっこする「オンラインオフ会」も話題になりましたよね。

現在は、中小規模のコスプレイベントが少しずつ再開していますが、

「周りにうつすリスクを減らしたい」

と考えている一部のコスプレイヤーさんたちは、活動の場をまだまだオンライン上にしたままの状態です。

そのため、コスプレイヤー専用のSNSも、コロナ以前に比べると多数登場し、中には企業とタイアップしたものも登場しています。

コスプレイヤーさんたちが活動の場をインターネットに移行したことも相まって、オンラインでのコスプレ活動は商業的にも利用されるようになりました。

また、一部のコスプレイヤーさんの中では動画を使った「TikTok」やグローバルコスプレイヤーSNSサービスを用い、海外のコスプレイヤーとの交流もさかんになりました。

日本のコスプレイヤーと海外のコスプレイヤーがインターネットを介して交流できるようになる等、活動が世界に広がったコスプレイヤーさんもいるほどです。

2)健康に気を遣うコスプレイヤーが増加傾向

2つ目は、健康に気を遣うようになったコスプレイヤーさんが増えたことです。

コロナウイルス感染拡大によって、多くのメディアで免疫力アップに関する内容が発信されています。

コスプレイヤー関連のメディアでも、コロナに負けない体づくりと銘打った健康関連の内容も多く発信されるようになりました。

コロナ前と言えば、

  • コスプレ併せ前日の徹夜
  • 推しのために「もやし」を買って節約飯を作る
  • 低体温アピール

といったように、不健康に関する武勇伝が良く聞かれませんでしたか?

それが今では、コスプレイヤー関連のメディアが

  • 夜はしっかり寝ること
  • 栄養バランスのとれた食事を摂る
  • 体を温めよう
  • 運動しよう

といったように、基本的な健康関連の内容を再度周知するコラムも登場しています。

イベントや大型併せがしにくくなったことで、免疫力アップにつながる健康的生活がコスプレイヤーのスタンダートとして定着する未来が私たちを待っているかも!?

3)マスク着用必須のコスプレがスタンダート化

マスク着用必須のコスプレがスタンダート化
3つ目はマスク必須のコスプレ参加です。

コスプレイベントが参加時のマスク着用を義務化したことを受け、コスプレイヤーも撮影時以外はマスク必須となりました。

SNSで上がるオフ写真でも、マスクとの組み合わせで写るレイヤーが増えたな、と思った人も多いのではないでしょうか。

そのうち、口元を隠しているコスプレやフルマスクコスプレがスタンダート化したり、コスプレにピッタリのマスクも登場するかも!?

4)コスプレ活動の少人数または個人に変化

コスプレ活動の少人数または個人に変化
4つ目は、少人数または個人によるコスプレ活動のスタンダート化ではないでしょうか。

コロナウイルス騒動以降、個人または少人数でのコスプレ写真が増え、コスプレ時の参加人数が限定されたことに気が付いた人もいることでしょう。

現在、厚生労働省のガイドラインにより、コスプレイヤーがポーズの一環で行う

  • 人との距離が近いポージング
  • 握手
  • ハグ

を禁止または回避するように促すイベント会場やスタジオが増加しています。

そのため、個人によるコスプレ撮影の写真や少人数でかつ適切な距離感を保った写真が増えてきています。

コロナ以前のように10~20人規模のコスプレ併せが激減したことはとても寂しいですが、コスプレ撮影もこれからは新しい時代に突入しているのかもしれません。

筆者個人的な意見になりますが、個人あるいは少人数のコスプレ撮影で、どれだけ作品への愛や世界観を出せるかとても興味深いですし、それもまた見るのが楽しみです。

5)外に出るコスプレイヤーも活動範囲が限定的になっている場合も

外に出るコスプレイヤーも活動範囲が限定的になっている場合も
最後は、外で撮影をするコスプレイヤー自身の活動の場が限定的になっている場合もあることです。

コスプレが趣味の人は全国にいますよね。
しかし、コロナウイルス感染拡大の影響により、各地で往来の自粛が発表されたりしています。
その影響なのか、参加イベントや撮影をするスタジオの地域を、地元圏内にしている人が増えた傾向にあります。

さらに、コスプレイベントによっては人数制限だけでなく、参加者を地元周辺地域以外に限定している場合もあり、これまでロケーションのためなら全国各地を飛び回っていたコスプレイヤーさんたちも、活動範囲を限定せざるを得ない状況となりました。

また、コスプレイヤーさんの中には自主的に

  • 家から近い場所以外での撮影会に行かない人
  • 宅コスのみに限定している人
  • コスプレ活動を休止しゲームやアニメ鑑賞等に時間を充てる

というように、活動自体が変化しつつあります。

コロナの影響もあって、コスプレイヤーのみんなはこんな感じコスプレを楽しんでいるぞ!


https://twitter.com/4ZrKOnHItXPUcnp/status/1334461273791033347?s=20

筆者の感想

コスプレイヤーさんたちは、人によって行動範囲を変えていることが良くわかりますね!
中には、コロナウイルス感染拡大の影響で今までコスプレに充てていた時間を、運動や家庭に回している人の姿も見受けられました。
中には、活動自粛をしたことで健康的になった人や反対に体重増加で焦っている人の声も!
来年もまだまだ油断はできませんが、気持ち的にイベントに気軽に参加できる状態や大人数でのコスプレ・遠征もできるようになることを祈りましょう。

コロナ禍コスプレイヤーの、よくある疑問Q&A

Q:コロナウィルス感染が怖いのでイベント行きたくないです。でもコスプレしたい。コスプレ欲をみんなどうしているの?

A: 一番多く聞くのは宅コスでコスプレ欲を消化するというもの!
また、運動や家族との時間が増えたことで自然とコスプレ欲が減少した人もいますよ。
あなたにピッタリのコスプレ欲解消方法を見つけるのも良いですよね。

Q: 周りがコロナなのにコスプレしているから、自分もしたい。だけど感染したくないです。

A: 周りがコスプレしに行っていると、私も!ってなりますよね。
でも、感染が怖いから対策をとっていてもイベントやスタジオに行きづらい気持ち、わかります。
今はぐっと我慢をして、別のことに注力するのもありかもしれません。
たとえば、今まで断念していたコスプレ衣装制作や写真編集・ゆっくり見れなかったアニメ・ゲームの消化など。

今できることをやるのも、また楽しいかもしれませんよ?

最後に伝えたいこと、まとめ

最後に伝えたいこと、まとめ

あさひなペコ

今回は、 コロナウィルスによってコスプレイヤーの活動の場がどのように変わったのかをまとめました。

コロナウイルス感染拡大の影響により、コスプレイヤーさんの活動は、人によってさまざま分かれていることがわかりました。

⦁コロナウイルス感染対策をしっかり行ったうえでコスプレ活動を再開している人
⦁コスプレ活動を自粛して衣装作製や家族との時間などこれまでにできなかったことに時間を充てる人
⦁運動をスタートする人
⦁継続して宅コスでコスプレ欲を発散している人
⦁活動拠点をSNSに移す人

どれも間違いではありませんし、どれも正しいアフターコロナのコスプレ活動方法です。

【リモートコスプレ】自宅でコスプレ(宅コス)が新型コロナウイルスの影響で需要が広がる

【イベント編】コロナで変わった!コスプレ事情【2021年】

✌🐻

\人気ウィッグ/
コスプレウィッグ
コメントを投稿する
この記事を書いた人
あさひなペコ
あさひなペコ

コスプレ歴20年の、日独バイリンガルコスプレイヤーでライター。メインは男装だが、時々女性キャラクターのコスプレもする。得意なコスプレは、ヒゲキャラ(笑)男装のヒゲキャラはお任せあれ! 衣装は売っていれば購入派、売っていなければ渋々作成する自作派というズボラレイヤーの一面も持つ。 いつかドイツで行われているオタクイベントに行ってみたいと夢見ている。