多田くんは恋をしない感想【アレク、コスプレをやりたい】ラブライブ西木野真姫に似てるので

多田くんは恋をしない【刀剣乱舞コスプレイヤー】の感想

うさ乙女

 コスプレイヤー火煉さんが「多田くんは恋をしない」の感想を投稿してくれたよ☆

プロフィール

レビュワーデータ
HN:火煉
年齢:26歳
体重:42キロ
職業:フリーター
現在の趣味:観劇、ゲーム
コスプレにかける予算:1万程度
コスプレ歴は何年ですか?:2年
よく使うSNS・サイ:Twitter、Instagram
オススメの化粧品ブランド:CANMAKE
現在お気に入りの美容品:Dior、スノージェルスクラブ
ダイエット:している
お気に入りの普段着洋服ブランド:ZARA

多田くんは恋をしない(祖父が経営するカフェで働くクールで写真部に所属する高校生)1話が特に面白かった

主人公がヒロインと出会うシーンが印象的。

城下で桜の風景画をおさめようとしている主人公がシャッターをきる瞬間、異国の美少女が映り込んだことでふたりは知り合う。

画も綺麗で見ていてふんわりした気分になれる作品。クールな主人公と笑顔がかわいくて天真爛漫なヒロインのやり取りはふたりのテンションのギャップを楽しませてくれながら、高校生らしくピュアな恋愛を感じさせる。

またサブキャラクターたちも個性派で、特に主人公の友人を演じる声優・宮野真守の演技が非常に光る。

イケメンでありながらナルシストすぎる性格を上手く捉え、これまた主人公とギャップの多いコミカルなキャラクターに仕上がっている。
(まわりのキャラクターが個性的すぎて主人公があまり目立たないという見方もあるが)
春らしくさわやかなアニメを見たい人にはちょうどいいアニメではないだろうか。


多田くんは恋をしない テレサ・ワーグナーの事情 (角川ビーンズ文庫)

多田くんは恋をしないではアレク(ヒロインの友人)コスプレをやりたい。

以前コスプレをしたラブライブの西木野真姫に非常に似ているので。

多田くんは恋をしないではアレクコスプレやりたい

ウイッグを再度使えるのは嬉しい。
キャラクターも出演キャラクターの中ではいちばん好みである。

自身の好みが偏っているのか、赤髪・つり目・強気な性格などが共通していて、手持ちのウィッグが使える上にメイクもどことなく似ているため、自分の経験である程度寄せることが容易。

色々なキャラクターをするのもいいが、自分が得意な見た目や周囲から評判がよいキャラクターを選ぶのもポイントだと思う。

こちらのメイクに関しては、キャラクターがつり目で自身がタレ目のためアイラインでキャットメイクを施す。

ウィッグは西木野真姫のものをそのまま使用するか、前髪を少しカットしてアレクに寄せる。

>>コスプレウィッグおすすめ

衣装に関しては、アニメ自体が日常的な特段変わった衣装ではないので公式に準じた制服を着用するのがいちばんわかりやすく良いと思われる。
複数人で合わせをするなら私服でもキャラクターを認識してもらえると思うが、あくまでアレク単体で動くと先述した西木野真姫に間違われる可能性が非常に高いと思われる。

>>コスプレ衣装通販おすすめ

撮影に関しては友人であるテレサワーグナーとの合わせはもちろん、アレクが危険視しているチャラ男伊集院薫との合わせは自身がいちばんしたいところである。
(もちろん伊集院は女性レイヤーにしてもらい自身との身長を考慮してもらう)撮影に関してはアニメに出てくるような純喫茶や桜の木の下などで撮影したい。

屋外ならば人が集中していない場所なら撮影は容易だが、お店などは基本撮影NGなので、スタジオを借りるのが得策。

そんな私が好きだったアニメ、ゲームは刀剣乱舞。

ソーシャルゲームであり、アニメ化・舞台化と色々メディアミックスされている。

刀の付喪神が擬人化して、歴史を修正しようとするものから正しい歴史を守るため戦うという作品。

出てくるキャラクターは100を越すが男性ばかり(刀剣男士という)なので、自身の好みが必ず見つかる。

コスプレする際には他の人との相性や関連性、自身の見た目を考慮して「乱藤四郎」をした。

女性的な見た目をした可愛らしいキャラクターなのであまり(というか全く)男性を演じている気がしなかった。

他にも中性的な見た目のキャラクターも多く、コスプレしやすい作品である。

また、作品の性質上いろんな組み合わせでの合わせができる。
(例えば織田信長やその家臣が使っていた刀同士、同じ刀鍛冶が打った刀同士など)

アニメや舞台でもその特性をいかし、他の作品では一定の時代や内容しか取り上げられなかった題材が、刀剣乱舞では複数組み合わせることが可能である。

今期待してるアニメ、今後やりたいコスプレはイリヤスフィール(fate/staynightなど)

身長が低い、色が白いという自身との共通点があり、髪の毛が長いキャラクターが好みだから。

Fateシリーズは登場キャラクターの衣装が個性派ですぐに分かるため、大型のイベントなどでやりたい。

そのためFateシリーズでは他にもセイバーや葛飾北斎、ジャンヌ・ダルクなどかわいい女性キャラクターをやりたい。

自身で作成はしないので衣装代がかかるのがネック。サーヴァントは宝具(武器)も揃えなければいけないので、お金をかけたくなければマスターをやるのがいいと思う。

人気シリーズで認知度が高いキャラクターなので大型イベントなどでは被ることやキャラクターのファンに攻撃される(文句を言われる)可能性が高いのが怖いところ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください